自律神経症状

自律神経症状について

「原因の分からない不調を感じた時、よく「自律神経が乱れている」とよく言われますが、そもそも自律神経とは何なのでしょうか?
また、それを整えるとは?

まず自律神経とは内臓の働きや血流の調整、呼吸等、生命を維持する為に無意識化で体が行ってくれている働きです。

交感神経と副交感神経、これらはほぼ相反する働きをしていて、集中しなければいけない時は交感神経が、リラックスする時には副交感神経が優位になり私たちの体をコントロールしてくれています。

しかし、人間の体は過度なストレスや睡眠不足、過労等、無理をすればすぐにこのバランスが崩れ、その状態が長期間続くと様々な不調をきたすようになります。
それは不眠症や慢性的な倦怠感、IBS(過敏性腸症候群)や鬱症状、頭痛、めまい等、説明のつかない症状として身体に現れます。

これらの不調は交感神経・副交感神経の働きを正常に戻す事で改善されます。
そして鍼灸治療は自律神経の調整を大変得意としています。

体に針をする事で、その刺激が脳を活性化させ、過剰になった自律神経のバランスを正常化させます。また、当院ではスーパーライザーを使ったSGB(星状神経節ブロック)を併用する事で更にその効果を高めていきます。

ただそれらの症状が、長く無理な環境に身を置いた末の発現である場合、治る時にも相応の期間はかかります。
一朝一夕にとはいきませんが、焦らず、腰を据えて治療に専念して頂ければと思います。